読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高垣だけどRussell

内臓が元気か否かを数値で測ってくれるありがたい機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、自律神経の様子を調査して、内臓のコンディションが分かるという汎用性の高いものです。

肌の透明感をキープする新陳代謝、換言すれば皮膚を生まれ変わらせることが出来る時というのは一部に限定されており、深夜に眠る時しかないということです。

深夜残業、終電帰りの飲み会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・次の日のお弁当やご飯の支度…。お肌が荒れると知ってはいても、現実的にはしっかりと睡眠を取れていない人が多いのは明らかです。

美容外科(Cosmetic Surgery)が損壊などのない健康体に医師が施術をするという容貌のための行為であるとはいえ、やはり安全性への意識が充分ではなかったことが大きな要因だと言われている。

アトピーの原因:家族の病歴・既往歴(気管支喘息アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)の内一種、又は2つ以上)、IgE 抗体を産生しやすいと予測させる要因、等。



化粧の短所:ランチタイムにはメイク直しをしなければいけない。クレンジングして素顔に戻った時に味わうギャップ。メイク用品の出費が結構かさむ。ノーメイクではどこにも行けないある種の強迫観念にとらわれる。

審美歯科(cosmetic dentistry)とは、第一に美しさを考えた総合的な歯科医療のひとつ。歯の務める役目には咀嚼などの機能面と審美面があるが、共に健康に関係する大切な要素だと考えている。

ことさら夜間の歯のケアは大切。溜まっているくすみを取るため、寝る前はきちんと歯を磨くことをおすすめします。しかし、歯磨きは何回も行えば良いというものではなく、1回1回のクオリティに配慮することが肝要です。

顔の加齢印象を与える重大な誘因のひとつが、歯にこびりついた”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の表層には、目には見えない凸凹があり、毎日の生活の中で黄ばんだ着色やタバコのヤニ汚れが付きやすくなっています。

美容外科(plastic surgery)は、れっきとした外科学の一分野で、医療に主軸を据えた形成外科学(plastic and reconstructive surgery)とは別種のものである。更に、整形外科学と混同されることがよくあるがこれも分野の違うものだ。



気になる目の下のたるみの改善策で最も有用なのは、ずばり顔面のストレッチ体操です。顔の筋繊維は無意識なのに固まっていたり、その時々の精神状態に左右される場合があります。

長時間にわたって紫外線を浴びたときになるべく肌のダメージを抑える方法を3つ。1.日焼けして赤くなっているところを冷やす2.たくさんローションを付けてしっかり保湿3.シミにさせないために表皮を剥いてはいけない

アイラインやアイカラーなどのアイメイクを落とすときにメイクをきれいに落としたいがためにゴシゴシと強くこするようにしてクレンジングしてしまうとお肌が傷んだり酷い場合は炎症を起こしたりして色素沈着が起こってしまい、目のくまの一因となります。

さらに毎日のストレスで、メンタルな部分にも毒は山のように蓄積され、身体の不具合も起こしてしまう。こうした「心身ともに毒まみれ」という意識が、多くの人々をデトックスに駆り立てるのだ。

多くの人が「デトックス」にのめりこむ大きな理由として思いつくのは、私達が生活している環境が汚染されていることにある。大気や土壌は汚され、食材には作用の強い化学肥料や害虫予防の農薬が多くかけられていると喧伝されているのだから無理もない。

プレシュスタジオ長久手